30代からのしみの悩み。その原因と対策

プロが選ぶ30代基礎化粧品

一般に30代から衰えてくると言われる女性の肌。30代からのスキンケア方法や、基礎化粧品はどんなものを選べばいいのか、お肌の悩みの原因を解決します!

しみ | 30代からの肌トラブル、原因と対策

しみの悩み。シミができてしまう原因と正しい対策方法をご紹介します。

しみにも色々種類があるけれど

30代にもなるとしみが気になる年頃ですね。

ただしみといってもいくつかの種類があります。

そして原因も違っているのです。

原因が違っているのであれば、その対策も違ってくるのは当然ですから、しっかりと覚えておきたいところですね。

しみが出来るメカニズムとしては、皮膚のターンオーバー異常によるメラニンの過剰生成によるものだという説が最も有力です。

紫外線から様々な細胞を守ってくれるメラニンなのですが、ターンオーバーが正常であれば、垢として排出されるものなので、しみになることはないんです。

しかしながら、紫外線などの影響でケラチノサイトという細胞に異常が起こると、メラニンの過剰生成を司令として出してしまい、結果ターンオーバーでも追いつかず、皮膚に定着し、しみになってしまうわけです。

ターンオーバー異常は、加齢によるホルモンバランスの乱れや、代謝の低下などの影響が非常に大きいとされています。

紫外線でケラチノサイトの異常が引き起こされるわけですから、まずはUV対策をしっかりと整えることが重要ではないでしょうか。

例えば米肌のCCクリームは、近年注目のライスパワーNo.1成分を含んでおり、スキンケアプラス日焼け止めとして重宝出来ます。

ライスフォースのプロテクトミルクは、米肌よりも一段階下のUVカット力ですが、お手軽に利用出来るコストですし、CCクリーム同様にライスパワーNo.1成分が配合されています。

ヌーディーベールなどもSPF36、PA++なのでおすすめです。

30代のしみに効果的な基礎化粧品はこちら>>

※このサイトでは、しみやたるみ、そばかす、毛穴の開きなど、30代から起こりやすい肌トラブルについての最適なケアの方法や30代から使いはじめるのにおすすめな基礎化粧品をまとめています。各商品によって、期間限定の価格やお得なキャンペーンもありますので、最新情報は各商品の公式サイトでチェックしてみてください。