30代からのほうれい線の悩み。その原因と対策

プロが選ぶ30代基礎化粧品

一般に30代から衰えてくると言われる女性の肌。30代からのスキンケア方法や、基礎化粧品はどんなものを選べばいいのか、お肌の悩みの原因を解決します!

ほうれい線 | 30代からの肌トラブル、原因と対策

ほうれい線の悩みについて、その原因と、正しい対策方法をご紹介します

ほうれい線はどうやって防ぐ?

30代になるとほうれい線などのシワが目立ってくる世代になります。

表情の癖などで発生してしまうような眉間や額、目尻といったシワとは違い、ほうれい線が出来てしまうのは、それなりの原因があるものなんです。

目立つほうれい線は肌のたるみが原因

ほうれい線が出来てしまう原因が分かれば、その対策を立てることも簡単に出来るようになります。一言で言ってしまえば、それは肌のたるみが原因です。

たるみが出来てしまうメカニズムを把握するためには、皮膚のことを知る必要があります。

皮膚というのは、表皮→真皮→皮下組織という順番で外から身体の内部に向かって構成されています。その下に脂肪組織、そして筋肉という構成になります。

二十歳を過ぎた頃から、新陳代謝が落ち、更に柔軟性や弾力性という肌の衰えが見えてきます。より詳しく説明すると、真皮部分を網目状に構成しているエラスチンとコラーゲンが、エラスチンが切れ、コラーゲンが伸びきった状態になるため、たるみができ、結果ほうれい線が出来るのです。

ほうれい線対策に有効なスキンケアの方法は?

浅いほうれい線であれば、保湿対策を取ってあげることで十分に対応出来るため、米肌やビーグレンなどの保湿効果に優れたライスパワー成分が入っているものがおすすめです。

深いものであれば、表皮の部分だけではなく、真皮部分にまで浸透してくれるナノ成分が入っているアクアコラーゲンゲルやスタリフトエッセンスなどがおすすめです。

※このサイトでは、しみやたるみ、そばかす、毛穴の開きなど、30代から起こりやすい肌トラブルについての最適なケアの方法や30代から使いはじめるのにおすすめな基礎化粧品をまとめています。各商品によって、期間限定の価格やお得なキャンペーンもありますので、最新情報は各商品の公式サイトでチェックしてみてください。