化粧水は30代からはこう選ぶ

プロが選ぶ30代基礎化粧品

一般に30代から衰えてくると言われる女性の肌。30代からのスキンケア方法や、基礎化粧品はどんなものを選べばいいのか、お肌の悩みの原因を解決します!

30代からの化粧水

化粧水のスキンケアの上での目的、化粧水は自分の肌の悩みにあったものを成分をよく見て選択するのがよいということ、肌の悩みごとにおすすめの化粧水を紹介

30代の化粧水の選び方

肌の水分は化粧水で保湿されているとは言えないのが30代です。
確かに洗顔後に化粧水をすぐに使うことはうるおすことにはとても重要ですが、30代以降はそうではなくて、肌の機能そのものに注目する必要があります。

加齢と共に肌機能の衰えが目立つ30代はセラミドの生成が衰え始めるころです。
この状態に化粧水で水分だけを補っても、意味は薄くて水分の蒸発をほんの少し抑えている程度の効果しかありません。

となると、このセラミドを補うことが必要になりますが、セラミドは脂質なので化粧水として補うことは少々難しく、セラミド入りの化粧水もありますが、ごく微量なことが考えられます。
保湿が目的で化粧水を使うよりも、実際のところはセラミドを乳液やクリームで補う方が無難と言えます。

また化粧水を選ぶ基準としては、自分の肌のトラブルや悩みに沿った成分のものを選ぶと良いです。

例えば、シミやそばかすが気になる場合は、ビタミンC誘導体やアルブチン、プラセンタなどが配合されているものが良いと言えます。
シワやたるみなどが気になる場合は、コラーゲンを生成するビタミンC誘導体や多数の抗酸化成分が含まれているものが良いです。

さらに、化粧水による保湿を狙いたいならNMFやヒアルロン酸、コラーゲン配合の化粧品を選ぶと良いでしょう。

※このサイトでは、しみやたるみ、そばかす、毛穴の開きなど、30代から起こりやすい肌トラブルについての最適なケアの方法や30代から使いはじめるのにおすすめな基礎化粧品をまとめています。各商品によって、期間限定の価格やお得なキャンペーンもありますので、最新情報は各商品の公式サイトでチェックしてみてください。