スキンケアクリームは30代からはこう選ぶ

プロが選ぶ30代基礎化粧品

一般に30代から衰えてくると言われる女性の肌。30代からのスキンケア方法や、基礎化粧品はどんなものを選べばいいのか、お肌の悩みの原因を解決します!

30代からのスキンケアクリーム

クリームのスキンケアの上での目的と乳液との使い分け方、30代からはどんなクリームを選ぶのがおすすめなのかご紹介

30代のクリームの選び方

30代になると肌の乾燥が気になるようになってスキンケアにクリームを加える方も多くいます。
20代のころではさほどクリームの必要性を感じなかった方も、少し気になるようになった時点で取り入れることが多いです。

クリームは主に、セラミドやコラーゲンそれにヒアルロン酸と言った保湿成分を中心にして構成されているものが多く、さらにこれらの成分の生成を増加させる作用がある、レチノール、美白効果も期待できる甘草エキス、プラセンタなどを含んでいるものも多くあります。

乳液と違うのはそれぞれに配合されている水分量と油分の量です。
油分が多い方がクリームと言うことになります。
クリームとしては肌に油分を補って保湿された肌に膜を作ると言う働きがあります。
その油分の膜と言っても商品によって違いますから、自分に合うものを選ぶと良いです。

30代からのクリームデビューをすると言う方は、その目的をしっかり持って、保湿をしたいのか、美白をしたいのか、エイジングしたいのかなど、その目的に合ったクリームを選ぶようにしましょう。

目的によっては、配合される成分も違いがありますし、油分の量も違ってきます。
必ずしも油分を補ったから良いと言うものではなくて、あくまでも油分で肌に膜を作ることが最終的な目的ですから、油分の量も注目したいところです。

※このサイトでは、しみやたるみ、そばかす、毛穴の開きなど、30代から起こりやすい肌トラブルについての最適なケアの方法や30代から使いはじめるのにおすすめな基礎化粧品をまとめています。各商品によって、期間限定の価格やお得なキャンペーンもありますので、最新情報は各商品の公式サイトでチェックしてみてください。