乳液は30代からはどう選べばいい?

プロが選ぶ30代基礎化粧品

一般に30代から衰えてくると言われる女性の肌。30代からのスキンケア方法や、基礎化粧品はどんなものを選べばいいのか、お肌の悩みの原因を解決します!

30代からの乳液

乳液のスキンケアの上での目的と、クリームとの使い分け方、30代からはどんな乳液を選ぶのがおすすめなのか説明します

30代の乳液の選び方

スキンケアの中で乳液を使う目的と言えばそれは油分を補うことで、30代の肌にも少量は必要になるものです。

油分を補うことは、肌を柔らかくしますし、また滑らかにもしてくれます。
比較的動きが多い目元や口元などは、気づかないうちにちりめん状のシワなどもできるので、この部分へ少量の乳液を付けて油分を補うことはとても有効です。

また油分と言えば乳液とクリームがあり、どちらが良いのかも迷いますが、普段ちょっとした油分の補給なら乳液、それ以上の効果やエイジングケアを求めるならクリームと言った使い分けをすると良いです。

乳液の選び方としては、セラミドが配合されているものがおすすめです。
このときに、オイリー肌だから乳液は要らないと言う説があり、気になりますが、オイリー肌の原因が肌の乾燥から来ているとしたら大きな間違いになります。
保湿成分と共にセラミドがたっぷりと配合されている乳液を選ぶことがおすすめです。

乳液とクリーム、どう違うのかと言うと、水分が多いのが乳液、油分が多いのがクリームで、顔全体に使うなら乳液、ピンポイントで使うならクリームといった使い方が30代にはおすすめです。
クリームによってはエイジングケアが出来るものもありますから、比較検討すると良いでしょう。

※このサイトでは、しみやたるみ、そばかす、毛穴の開きなど、30代から起こりやすい肌トラブルについての最適なケアの方法や30代から使いはじめるのにおすすめな基礎化粧品をまとめています。各商品によって、期間限定の価格やお得なキャンペーンもありますので、最新情報は各商品の公式サイトでチェックしてみてください。