オイリードライ肌の30代からの対策

プロが選ぶ30代基礎化粧品

一般に30代から衰えてくると言われる女性の肌。30代からのスキンケア方法や、基礎化粧品はどんなものを選べばいいのか、お肌の悩みの原因を解決します!

30代からのオイリードライ肌対策

乾燥からきているオイリー肌の原因と、その対策、スキンケアはどうすればいいか、乾燥が原因のオイリー肌の方におすすめな30代基礎化粧品を紹介。

30代で乾燥によるオイリー肌の人のためのスキンケア方法

30代の肌は乾燥にさらされやすく、また日頃のストレスなどによっても肌の状態が変化します。
肌は乾燥した状態になると、肌を乾燥から守るために、毛穴から皮脂を出す仕組みになっています。
その皮脂が過剰な肌の乾燥のために、大量に分泌されるようになると、オイリー肌になってしまい、いつも小鼻の周りや額などがねっとりとした状態になります。

オイリー肌の原因はそもそもが肌の乾燥なので、その対策としてはまずは保湿を心がけることと、洗顔料も保湿成分のあるものを選ぶ必要があります。

オイリー肌のスキンケアは、洗顔から始まります。
洗顔のときに、肌がねっとりしているからと言ってゴシゴシとこするように洗うのは絶対にNGです。

泡洗顔で優しく洗うことが基本で、最初のうちは物足りなさを感じるくらいがちょうど良いです。
そして洗顔後は素早く保湿をすることが重要です。
洗顔後や入浴後は肌が最も一気に乾燥しやすい状態なので、そのタイミングは数分とおかずに、軽くタオルドライした直後に保湿することが必要です。

30代のオイリー肌のスキンケアにおすすめなものとしては、ヴァーナルの素肌つるつるセット3300円30日分があります。
肌本来の機能のアップと、微粒子ミストスプレー、保湿クリームをライン使いできるものです。

※このサイトでは、しみやたるみ、そばかす、毛穴の開きなど、30代から起こりやすい肌トラブルについての最適なケアの方法や30代から使いはじめるのにおすすめな基礎化粧品をまとめています。各商品によって、期間限定の価格やお得なキャンペーンもありますので、最新情報は各商品の公式サイトでチェックしてみてください。