30代からの基礎化粧品 一押しのトライアルセットはこれ

30代からの基礎化粧品にお悩みの方へ

30代からの基礎化粧品にお悩みの方は、非常に多いです。

10代や20代では、メイクをしっぱなしで疲れてスキンケアどころか、メイク落としもせず眠ってしまっても、翌日に大変なことになっているなんてことは、若さのお陰でありません。

しばらくその状態が続いていても、30代という年代を迎えた途端に個人差はあれど、驚くほどに肌のトラブルや悩みが増えてくるものなのです。

まだ30代なのにと思われるかもしれませんが、女性は老化現象が男性よりも早く訪れ、10代や20代には当たり前にあった基礎代謝の高さが失われたり、女性ホルモンの産生が少なくなったり、美肌成分などの生成がされにくくなります。

つまり、それまで通用していたスキンケアや基礎化粧品のチョイスでは、追いつかなくなってしまう可能性が高いのです。

このコンテンツでは、30代の基礎化粧品選びに悩む方に対して、どういったスキンケアやエイジングケアをしていけばいいのか。

その他にも、数多くある化粧品の中でどういったものがおすすめなのか。

現在注目されているエイジングケア成分というものには、どういったものがあるのかなどを紹介していきます。

間違った商品選択をしないためにも、ある程度の基礎知識はしっかりと覚えておく必要があるのです。

どうやって30代基礎化粧品は選べばいいか

30代の基礎化粧品は3つのポイントを押さえる

30代からの基礎化粧品選びは、ポイントを押さえて選択する必要があります。

それまでの年代とは違い、コストばかりを優先したり、自分の肌質も分からずに適当に有名だからとか、みんなが使っているからという理由で選択しても、高い効果は得られっこないのです。

30代からの基礎化粧品選びには、3つのポイントを押さえて、選択すべきだと言われています。

特に増えてくるのが、乾燥による肌トラブルや悩みが深刻になってくるという特徴があります。

これまでは、冬場であっても、全く問題がなかったのに、乾燥する季節になると粉を吹くぐらいに乾燥に悩まされてしまう…。

他にも乾燥による小じわや吹き出物などのトラブルが30代からは出てきやすいんです。

ポイントは、この乾燥肌にマッチした基礎化粧品を選択出来ているかです。保湿力が高いものをチョイスすべきでしょう。

そして2つ目のポイントは、手軽さです。

30代の女性は、独身でも既婚者でも最も一生の中で忙しくなる時期と言っても過言ではありません。

よって手軽にスキンケアが出来る商品を選択しないと長続きしないのです。

そして最後にコストです。

やはり効果が高くても、あまりに収入との差があり、コストが高すぎるものだと、長続きしないものですからね。

このサイトでは、そんな悩める30代女性のために、30代からの基礎化粧品でおすすめな商品を、肌の悩み・トラブル、保湿力、手軽さ、コストパフォーマンスの観点から厳選して紹介しています。

そのほか正しい肌のケア方法や商品の体験レポ、美肌を作る成分紹介などなど、30代からの美肌の基礎を作るノウハウをたくさん紹介しています。

トラブルや悩みと無縁の美肌を手に入れてハリのある30代を一緒に目指しましょう!

30代からの肌の悩みに答えるおすすめ基礎化粧品を紹介

30代から始めるべき3つの基礎化粧品とは

30代はお肌の曲がり角なんて言われていますね。

女性も30代に差し掛かると、それまででは考えられなかった程に肉体的な変化が現れてきます。

例えば、それまでは運動などを一切しなくても、次の日の食事をちょっと気をつければ、体重増加なんてものがなかったものの、ブクブクと太ってしまうなんてことです。

女性は男性と比較して、老化が早いとも言われているんです。

とくにスキンケアに関しては。30代からは、それまでの考え方とは、さよならをして、しっかりと考えなおす必要があります。

その中でも最も大事だとされているのが、基礎化粧品です。

女性ならばご存知だとは思いますが、勘違いしている方の為にも、基礎化粧品から説明します。

基礎化粧品は、化粧水、美容液、乳液、そしてクリームです。

そして、前述にある順番にスキンケアを行っていくことが基本だと言われています。

それはそれぞれの化粧品には、独自の役割というものがあるからなのです。

  1. コーセー「米肌」
  2. アイム「ライスフォース」
  3. ビーグレン「ニキビケアプログラム」

おすすめ度:★★★★★ コーセー「米肌」

KOSE 米肌

30代からの基礎化粧品としておすすめ出来るのが米肌です。

米肌は株式会社コーセーの100パーセント子会社であるコーセープロビジョン株式会社から販売されている商品です。

5,000円の肌潤化粧水と同じく5,000円の肌潤クリーム、7,000円の肌潤改善エッセンスはおすすめです。

30代からは基礎化粧品の見直しを真剣に考えるべきターニングポイントだとされています。

その中でも注目されている化粧品が米肌と口にする方は多いのですが、やはり基礎化粧品には相性というものがありますよね。

一体米肌は、どういった方にマッチした基礎化粧品なのでしょうか。

米肌こんな悩み・トラブルを抱えている人におすすめ
米肌は潤いが欲しい方向け

米肌の基礎化粧品シリーズは、化粧水から美容液、美容クリームなどまでそろっていますが、その商品名の全てに肌潤というキーワードが入っています。

漢字を見れば分かる通り、潤い、つまりは、保湿力に優れた基礎化粧品であるという証明と言えるでしょう。

日本人の肌質というのは、陶器肌と呼ばれているくらいにもともとは潤いのある肌だと言われています。

しかしながら食生活や環境などの変化から、日本人女性でも乾燥肌の方が増えている。

その上で、30代に入ることによる保湿力の低下。

これを改善出来るのが米肌なんです。

米肌は、米麹を扱っている職人さんの指先の美しさに疑問を抱き、何か秘密があるのではと研究したところ、ライスパワーno11という成分が、非常に保湿力に優れているということが分かり、その成分が注目されている美肌条件であるセラミドの生成を活性化させ、肌の水分量がアップされることでも知られているのです。

米肌はこんな肌タイプの人におすすめ
米肌が最も効果的な肌質とは

肌タイプというものがあるのをご存知でしょうか。

30代ともなれば、肌トラブルも目立ってくるようになり、10代や2代の肌とは、本当に自分の肌なのかと思えるほどの変化が出てくるものです。

これを改善するには、基礎化粧品の見直しが大事だとされているのですが、その参考になるのが、肌タイプの見極めなんです。

米肌が30代からの基礎化粧品としておすすめだと言われていますが、米肌がマッチしている肌タイプというのはどういった肌タイプなのでしょうか。

大別して、乾燥、オイリー、敏感、普通、混合といった4タイプに分けられますが、30代ともなればそれ以上に細かなカテゴライズでスキンケアをしなければなりません。

例えば、オイリー肌でも、それにプラスしてシミが目立つ肌なのか、それともシミはないけれど、シワが目立つのかでも肌質は違っています。

他にもニキビなどのデキモノが出来やすいか。

くすみがあるか、たるみがあるのか。

こういったものの違いでも、肌質は全く違うと言っても過言ではないのです。

米肌がマッチしている方の肌質は、やはり乾燥肌と敏感肌の持ち主と言えるでしょう。

更にオイリー肌でも普通肌でも混合肌の方でも、それにプラスしてニキビや吹き出物などのデキモノが出来やすい方。

更に肌荒れがひどいといったパターンの肌質の方にはおすすめです。

米肌シリーズの商品特徴

米肌の商品に迷ったら

米肌が30代の基礎化粧品として口コミなどを中心に注目されていますが、知らない方にとってみると、どの商品から始めたらいいのか分からないと思っていることでしょう。

そういった場合には、トライアルセットが存在している商品から始めてみるのがベストだと思います。

米肌の場合には、基本ラインがたっぷり試すことが出来る潤い体感セットが用意されていて、14日間の容量で1,500円でトライアルセットを手に入れることが出来ます。

乾燥肌に困っている方の他にも、たるみや毛穴の開きが気になるという方。

ドロドロした化粧液が苦手で爽快感を感じたいといった方などにおすすめです。

石鹸と化粧水、クリームに加え、エッセンスとジェルクリームが6回分。

更に化粧水マスクまで1枚ついてこのコストですから、やはりコスパは高いと言えるでしょう。

エイジングケアに集中したいのであれば、集中ハリ体感プレミアムセットがおすすめです。

1,200円というコストで肌のたるみや弾力、小じわなどを解消出来るというトライアルセットです。

リフトエッセンス7日分とリフトマスクが1枚。

更に化粧水とクリームが6回分。

BBクリームも4回分ついてきます。

ある程度に主力商品がまとまったトライアルを試せば、メーカーの実力をある程度に図れますし、ライン全てを揃える必要はなく、気に入ったものだけを取り寄せればいいのですから。

注目成分ライスパワーNo.11とは

女性も30代ともなれば、基礎化粧品の見直しを迫られるものではないでしょうか。

そこで近年注目されているのがライスパワーと呼ばれる成分です。

これは、米ぬかなどを扱っている生業の方々の指先や手の肌の美しさやきめ細やかさ、ハリなどが素晴らしいということで注目され、発見された美容成分です。

ライスパワーにはNo.1やNo.1Eなど様々な種類があり、皮膚を健やかに保ったり、肌だけではなく髪の毛の健康を保つといったそれぞれに特徴的な効果があるのですが、中でも美容成分として注目され、30代以上の基礎化粧品に多く含まれているのがライスパワーNo.11だと言われています。

皮膚の水分保持機能を高めてくれるというのが、ライスパワーNo.11の主な効果ですが、メカニズムとしては、年齢を重ねるごとに減り続けていくとされるセラミドの産生を促すといった効果が期待されています。

セラミドの産生が豊富である肌は、肌のバリア機能が高く、外部からの刺激などに動じない肌を作ってくれます。

更にシワやたるみなどの原因とされる乾燥やくすみなどを作る毛穴の開きなどを防止してくれるのです。

このライスパワーNo.11が豊富に含まれている化粧品が米肌なんです。

高い保湿力とエイジングケアには必須条件である、シワの防止や改善、ハリなどを生んでくれるのです。

米肌CCクリームは一本五役

30代ともなると基礎化粧品を一から見直す時期だと言われていますが、主婦であろうと、アラサーの独女であろうと、生涯で一番と言ってもいいくらいに忙しく働く時期とも言えるのではないでしょうか。

スキンケアやエイジングケアに本格的に力を入れなければならない、まさに曲がり角の時期ではあるものの、時間はもちろん、経済的にもある程度の余裕がなければ、スキンケアやエイジングケアに力を入れている暇なんてありませんよね。

そこでおすすめなのがオールインワン化粧品です。

化粧下地に加え、ファンデーションやクリーム、フェイスパウダーに日焼け止めなどの一本で五役も買ってくれる商品が米肌CCクリームです。

これ一本で毛穴やシミ、くすみなどをカバーすることが出来る化粧品なのですが、こういったものがあると保温等に便利ですよね。

基礎化粧品などを考えると、化粧水やらクレンジング剤やら、一体何本必要になるのと思えるくらいに多くの商品が必要になります。

ライン使いをしてもいいけれど、全ての化粧品が自分にマッチしているという保証もありませんよね。

そして多くの商品が世の中にあれば、一体どれにすればいいのかを迷うのは当然ですし、面倒になるのも分かります。

米肌CCクリームは一本五役で弱酸性の肌に優しいクリームですからおすすめです。

業界最高のUVカット力!

米肌はライスパワーNo.11という近年大注目の美容成分が入っているということで有名な化粧品ブランドですね。

30代からの基礎化粧品として、化粧水や美容クリームなど様々なものが誕生していますが、その中でも注目して欲しいのが、澄肌CCクリームです。

澄肌CCクリームは、クリームや化粧下地、ファンデーションやフェイスパウダー、そして日焼け止めなど5つの役割を一本で担ってくれるオールインワン商品になります。

特に紫外線防止効果は、かなり高く、業界最高値とされるSPF50+、PA++++を獲得している商品です。

SPFはというのは、UV-Bをどのくらいに防止出来るかどうかの基準値です。

最高値はSPF50+とされています。

PAに関してはUV-Aをどのらくらいにブロック出来るのかを数値化したもので、最高値がPA++++になります。

澄肌CCクリームは、この紫外線防止効果が業界最高値でブロック出来る商品になります。

肌の黒ずみやシミの防止。

更にはシワやたるみ、肌の老化を改善してくれる効果が期待出来るのです。

更にエアインパウダーと肌色コントロールパウダーも入っているから、テカリや崩れといったものを引き起こさないようにしてくれます。

サラサラとした心地良い肌触りが1日中続くんですから、従来の商品とは違った使い心地を感じることでしょう。

おすすめ度:★★★★☆ アイム「ライスフォース」

ライスフォース

30代からの基礎化粧品として、注目されているのがライスフォースです。

近年注目されている美容成分である、ライスパワー成分を配合されている化粧品が揃っているということで有名です。

ここではライスフォースを知らない方のために、ライスフォースの詳細情報を紹介していきます。

ライスフォースを販売している企業ですが、株式会社アイムという香川県高松市に本社を置く会社が販売しています。

その主力商品がライスフォースなのですが、スキンケア商品以外にも食品やサプリメント、美容雑貨などの販売も行っています。

ライスフォースを始めたいと思っているのであれば、まずはトライアルキットを購入するのがおすすめです。

ディープモイスチュアローションとエッセンス、クリームの基本3点セットでは、10日分で900円というローコストで手に入れることが出来ます。

更に基本3点セットにプラスして、美白やUV対策のアイテムであるホワイトニングクリアエッセンスとUVプロテクトミルクがついたスペシャル5点セットであれば、10日分で1,400円というコストでトライアルキットを手に入れることが可能です。

本商品であれば、三点セットでも5,334円、五点セットでは7,400円というコストですから、かなりのローコストでスキンケアを行うことが可能です。

こんな悩み・トラブルを抱えている人におすすめ
ライスフォースとの相性が良いのは

ライスフォースは30代からの基礎化粧品として、口コミなどを中心に人気の商品です。

しかしながら、ライスフォースは、どういった方にマッチした商品なのかということに疑問をお持ちの方も多いことでしょう。

ライスフォースを利用されている方で多いのは、保湿不足の肌質の方です。

保湿不足の肌になると、様々なトラブルに見舞われることになります。

シワやたるみを始め、ニキビや吹き出物を作ってしまう原因になっているのも、肌の保湿不足になります。

年齢を重ねることによる肌の黒ずみや肌荒れといったものの全てが、保湿力を高めるためのセラミド不足によって引き起こされていると言っても過言ではありません。

もちろん全ての要因がセラミドが関わっているとは言いませんが、老け顔などに見られてしまう方の多くが、実はセラミド不足の肌質になっていることが多いのです。

ですから、ライスパワーNo.11というセミラドの産生効果の高い成分が高配合されているライスフォースがおすすめなのです。

肌の奥にある角質層にぐんぐんと浸透してくれるため、みるみる内にプルプルとした潤い肌を手に入れることが出来るのです。

浸透したエキスは角質層における水分保持能力を改善してくれるため、以降はその潤い肌をキープ出来るのです。

こんな肌タイプの人におすすめ
ライスフォースにマッチした肌質は?

30代からの基礎化粧品に迷われている方には、ライスフォースがおすすめなんて口コミはよく見られています。

しかしながら、基礎化粧品の口コミには、商品を試してみて、自身が望んでいるような効果が現れたという方もいれば、全然ダメだし、改善が見られないどころか、逆にニキビや吹き出物、肌荒れなどができてしまったという評価もあるものです。

どうしてこういった違いが出てくるのかというと、それは肌質が違っているからなのです。

一般的な医薬品と同様に、万人に絶対の効果があるといった万能薬が存在しないのと同様に、化粧品にも同じことが言えるのです。

もちろんライスフォースもその例外ではありません。

ですから、自身がライスフォースを使って、自分が望んでいるような効果を得るためには、ご自身の肌質を把握することが前提なのです。

ライスフォースの特徴としては、やはり商品名にもなっているライスパワーNo.11成分でしょう。

この成分は高い保湿効果をもたらしてくれる成分であり、水分保持力やセラミドの生成を促進させます。

これを考えると乾燥肌や敏感肌といった、いわゆるドライスキンと呼ばれる肌質の方にベストマッチした化粧品といえるでしょう。

他にもドライとオイリーが混じった混合肌の方にも効果が期待出来ます。

ライスパワーNo.11エキスが高配合されている基礎化粧品として、30代以上の女性に評判なのがライスフォースです。

ライスフォースと一言で言っても、スキンケア商品からベースメイク商品。

ヘアやボディーケア商品まで沢山に存在しています。

数多くある商品の中から、どういったものをチョイスすればいいのかは、それぞれの方の肌質や、どういった肌トラブルで悩んでいるのかによっても変わってきます。

しかしながら、ライスフォースの主力成分であるライスパワーNo.11は、保湿力を高めるのに定評があるため、保湿を求めたい方向けのライスフォース商品を紹介していきます。

基礎化粧品ということを考えると、やはりベースとなるローション、エッセンス、クリームの三点は外せないところです。

ライスフォースディープモイスチュアローション、ディープモイスチュアエッセンス、ディープモイスチュアクリームは、かなりおすすめです。

ライスフォースの最大のウリであるライスパワーNo.11は当然に配合されています。

小さな分子の成分であるため、角質層の奥の奥までしっかりと行き届いてくれます。

ローションには、潤い三大成分として有名なヒアルロン酸も配合。

更に天然ビタミンEなども配合されているのでおすすめです。

ライスパワーNo.11だけじゃない!ディープモイスチュアローションはヒアルロン酸Na-2も配合

ライスフォースのディープモイスチュアローションは、肌の水分保持機能を改善してくれるライスパワーNo.11成分が含まれている化粧品として有名です。

30代からは、どうしても肌の水分保持機能が乱れ、乾燥肌や敏感肌などに変わってしまうことが多く、基礎化粧品の見直しなどの必要性に迫られるタイミングなんです。

ライスフォースの中でもディープモイスチュアローションは、基礎化粧品の見直しを考えていらっしゃる30代以上の女性にはおすすめの商品です。

薬用保湿化粧水にカテゴライズされる商品ですが、リムーバーでメイクを落とし、洗顔料を使って洗顔後。

拭き取り用の化粧水などですっきりした後のタイミングで使用する化粧水です。

ライスパワーNo.11成分が入っていることが、やはり一番の特徴ではありますが、他にも保湿力を高めてくれる成分として、ヒアルロン酸Na-2が配合されているのも注目です。

ヒアルロン酸はもともとに人間の体内に存在する成分で関節液や大動脈、心臓など人間の身体の至る所に存在しているゼリー状になっている物質です。

これが年齢と共に減少するため保湿力が低下してしまいます。

これを改善してくれる成分がヒアルロン酸Na-2です。

ライスパワーNo.11でも十分な保湿力が期待出来ますが、また保湿に対しての違ったアプローチをしてくれる成分であるヒアルロン酸Na-2が配合されているのがポイントなのです。

お手軽ケアのオールインワンなら、モイストボリュームで

30代ともなると、肌の潤いに自信がなくなってくるものではないでしょうか。

そんな場合には基礎化粧品を見直すべきなのですが、それまでは全く無関心で、とにかく評判が良かったり、コストが安いものだったり、使いやすいという理由で基礎化粧品を選んできた方には、迷ってしまう所ですね。

ライスフォースが近年では、様々な分野で注目をされていますが、その中でもオールインワンタイプのモイストボリュームはおすすめ出来る商品の一つです。

美も福も引き寄せるといったキャッチコピーは、相当の自信の現れと言えるでしょう。

保湿ケアは近年注目されているアンチエイジングやスキンケアの王道とも言われています。

その中で、フラーレンやヒアルロン酸、コラーゲンやセラミドなど沢山の潤い成分が注目されてきましたが、ライスパワーもその中の一つです。

その中でも潤い効果はもちろん、肌を守る働きがあるとされるライスパワーNo.1エキスが、モイストボリュームには、配合されているのがポイントです。

クリームながらこってりとしすぎていないから、従来のオールインワンタイプの重量感やベタツキ感が気になるといった敏感肌の方にも十分に使用感が感じられる商品と言えるでしょう。

UVプロテクトミルクはまるで化粧液のような日焼け止め

ライスフォースの化粧品は、30代からの基礎化粧品として、非常に評価されているものです。

10代や20代の内は、日々の生活の中ではもちろん、夏場などにはビーチへと出掛け、好き放題に日焼けなどをしても問題ないと思っている方でも、30代になるとこうは行きません。

しかしながら、毎日の通勤時にも日傘などを持って出勤なんてことをすると、何をふざけたことをしているんだと思われますし、個人的にも手間がかかりますね。

そういった場合には、日焼け止め効果がある化粧下地などの化粧品を使って、スキンケアをしながらも、紫外線などから肌を守れる商品をチョイスすべきです。

そこでライスフォースのUVプロテクトミルクがおすすめなんです。

保湿成分であるライスパワーNo.1を配合している商品です。

ライスパワーというとセラミドの産生をサポートするライスパワーNo.11ばかりが注目されていますが、外部からの刺激から肌を守るのには、No.1の方が適しているのです。

このNo.1成分を多く含んでいるのがライスフォースのUVがプロテクトミルクなのです。

UVカットのパワーを示すSPF値もSPF25ですし、PA値に関してもPA++という高い数値を記録している商品です。

化粧液のような日焼け止めとして、保湿に悩む多くの方が利用されている商品です。

おすすめ度:★★★★☆ 「ビーグレン」

ビーグレン

30代からの基礎化粧品として、ビーグレンは、かなり高い評価を得ているメーカーです。

しあわせ肌は、あなたをしあわせに導く。

女性の肌のことを考えることは、女性のしあわせそのものを考えることと捉え、単なるスキンケアブランドとは一線を画した存在になっています。

ビーグレンですが、本社はアメリカにあるいわゆる外資です。

日本本社はビバリーグレンラボラトリーズ株式会社という名称で、東京の港区に本社を置いています。

化粧品販売のみならず、同じく港区にサロンも運営している企業です。

ビーグレンの化粧品の発想は浸透深度というものです。

つまり、どんなに優れた美容成分でも、表皮や真皮、皮下組織などその深さの違いをコントロール出来なければ、効果は得られないという考えから、美容成分の種類や配合量、更にサイズといったものを考慮されて開発されているのです。

また19種類の悩みに対して、それぞれの回答を行ってくれるのもビーグレンの特長ですが、全ての製品には、浸透テクノロジーキューソームが採用されています。

そのため、トライアルセットも8種類用意されており、ニキビケアやニキビ跡ケア。

目元、毛穴、ホワイト、たるみ・ほうれい線、乾燥保湿、ディープラインといったそれぞれのプランに分かれているのが特長です。

こんな悩み・トラブルを抱えている人におすすめ
ビーグレンはそれぞれの悩みに応えてくれる

30代の基礎化粧品は、その後の人生を変えるというくらいに重要な選択です。

そこで注目されているのがビーグレン。

ビーグレンの特長としては、シミや色素沈着、シワやくま、ほうれい線など、30代を迎えた方に起こりうる多くの悩みにしっかりと向き合い、解決策を出してくれているところでしょう。

例えば、目尻のシワに悩みを抱えている方には、洗顔と保湿。

そして整肌とアイラインのケア。

そして肌の保護をすることが大事だと解答しています。

そのために、クレイウォッシュで落とし、10-YBローションで潤いを補給。

更にCセラムという美容液で本来の肌に整え、正常な機能を取り戻す。

トータルリペアアイセラムで目元の部位だけにスポットを当てたケアを行い、QuSomeモイスチャーリッチクリームで大切な肌を守るといったステッププログラムを提案してくれます。

このようにして、他の色素沈着やくすみ、額のシワや乾燥肌、てかりといったそれぞれの悩みに適したプログラムを紹介してくれています。

30代に入り、それまで甘く見ていたスキンケア。

いざ肉体面で変化が起こってからでも、こういった何が原因でどういった対策が必要であるのかを紹介してくれている化粧品会社であれば、正しい知識を得ることも出来てメリットは高いのではないでしょうか。

こんな肌タイプの人におすすめ
ビーグレンは肌質にこだわらない

30代からの基礎化粧品として、ビーグレンを選択される方は多いですね。

どうやって基礎化粧品を選択するかといえば、やはり30代を迎えて実感出来る肌トラブルを解決してくれるか。

そして、自身の肌質にマッチした化粧品であるかどうかを皆さん考慮していることでしょう。

ビーグレンの場合、それぞれの方の悩みや肌質の違いがあると思いますが、正直言って、どんな肌質の方にも対応出来る化粧品が存在しているのです。

肌質を分けると、乾燥、オイリー、混合、普通の4つに大別出来るのですが、その他の化粧品の場合、例えば保湿を重要視した成分を配合している商品で固めているため、乾燥肌の人にはマッチしても、むくみやオイリー、混合肌の方には合わないというケースが見られます。

ビーグレンの基礎化粧品の特長は、保湿などに特化した美容成分を使った製品とかではなく、独自の浸透テクノロジーであるキューソームという技術がベースになった製品が多いので、ぶっちゃけて肌質は関係ありません。

それぞれの肌の悩みを肌質に合わせた浸透深度でコントロールして美容成分を届けてくれるため、どのような肌質の方にも、万能に効果を発揮出来る夢のような化粧品が揃っているのです。

商品特徴
ビーグレンのたるみ対策

30代からの基礎化粧品として、ビーグレンにそっくりと乗り換えたという女性は珍しくありません。

30代になると気になってくるのが、顔全体のたるみです。

これによってほうれい線やシワなどが生まれ、老け顔と呼ばれるルックスの出来上がりです。

その要因はコラーゲンやエラスチンの減少。

加齢による筋力の低下もそうなのですが、長年受け続けてきた紫外線の影響も非常に大きいとされています。

このたるみの改善のためには、正しい洗顔と十分な保湿。

マッサージを取り入れた引き締め作業。

そして何よりも肌の保護が重要になってきます。

ビーグレンでは、洗顔のステップを天然クレイを利用したクレイウォッシュで。

濃厚テクスチャーが角層に浸透していく10-YBローションで、十分な保湿を行えます。

更にビュアビタミンが配合されているCセラムを使えば、たるんだ肌を引き締めることが出来ます。

肌に相性が良い成分ですから、マッサージを軽く行うことで、即効性も期待出来ます。

最後の締めとして、紫外線などの外部刺激から肌を守り、保湿と健康成分を閉じ込めるためにモイスチャーリッチクリームを塗布してあげることで、顔のたるみは十分に改善されるといえるでしょう。

ハリや弾力まで生んでくれるこのプログラムは、ビーグレン独自のプログラムと言えるでしょう。

ビーグレンが選ばれる理由は、単なる成分だけではなく浸透深度という特殊技術に着目している点

ビーグレンが30代からの基礎化粧品として、多くの女性から支持されているのは、例えば、ライスパワーだとか、フラーレンなどの独自の美容成分が含まれているからではありません。

注目される美容成分は、年々に変わっていくのが通常で、これは早ければほんの数ヶ月というサイクルで変わっていきます。

消費者の側からしてみると、一体何が本当にエイジングケアや自信の肌質に合った成分なのか迷ってしまうことは当然です。

例えば、コエンザイムQ10が出てきて、これは万能だと思いきや、今度はプラセンタが出てきた。

やっぱりビタミンCだとなり、浸透性の高いAPPSが有効だと言われ、いやいや、やっぱり細胞間脂質の構成成分であるセラミドだとうとなる。

抗酸化作用の高いフラーレンが一番だろうと成分にこだわると、本当に沢山の選択肢があるわけです。

ビーグレンが他の基礎化粧品と一線を隠しているのは、浸透深度という特殊技術に着目している点です。

それぞれの美容効果の高い成分を配合していることはもちろん、その有効成分をどうやって問題のあるポイントまで送り届けるのかを重要視しているのです。

解決をしたいのであれば、キューソームが使われているビーグレンのそれぞれの基礎化粧品を試してみましょう。

ビーグレンにオールインワンはないけれど手間をかける分様々な肌トラブルを解決してくれる

ビーグレンは本社がアメリカなので、知る人ぞ知る化粧品メーカーなのですが、30代からの基礎化粧品として、非常に多くの方が選択しているメーカーでもあります。

特長としては、天然クレイを用いているサイエンスコスメであるということでしょう。

ホームページなどをご覧になれば一目瞭然だと思いますが、肌の悩みやトラブルの原因や対策を事細かく解答してくれているのです。

更に独自の浸透テクノロジーであるキューソームという技術によって、30代以上の方に起こりやすい、加齢による様々な肌トラブルを解決してくれるという素晴らしい製品です。

残念ながらビークレイでは、オールインワン商品は存在していません。

肌トラブルをそれぞれの特長において、段階を踏んで何が必要なのかをしっかりと捉えているからです。

正しい洗顔や整肌、そして保護。

こういったものをそれぞれの商品でしっかりと担当させているため、それらの働きをたった一つで解決出来るなんていう風には考えていないのです。

ただ、クレイウォッシュを使えば、汚れを落とすと共にヒアルロン酸で保湿効果が期待出来ますし、美容液であるCセラムなら、ニキビやニキビ跡、毛穴の開きやシミなどの幅広いトラブルを解消してくれる製品なのです。

ヌーディーベールは長時間継続する他商品とはひと味違った紫外線対策ができる

30代の基礎化粧品として、ビーグレイが除々にそのシェアを拡大している状況ですが、中でも紫外線カットに重点を置いた化粧下地であるヌーディーベールが人気です。

空気をまとっているような軽さと密着感というキャッチコピーの商品ですが、より詳しい情報を紹介していきましょう。

従来の化粧下地と違っているのは、顔に当たる光に対してのコントロール。

そして肌へのフィット感です。

他のスキンケア商品を使用した後につけることで、1日中でも崩れない肌に仕上げてくれる商品なのです。

ヌーディーベールは、SPA36、PA++ですから、最高レベルのUVカット率ではないものの、肌の状態を考えた場合の程よいカット率になっているところも30代に向いている化粧品と言えるのではないでしょうか。

前述にもある通り、シャイニングパールと呼ばれる陽の光が当たることによってよりよく美しく見える工夫がなされている商品がヌーディーベールなのです。

美肌効果が期待出来るヒアルロン酸とコラーゲン。

更にUVカット成分であるメトキシケイヒ酸エチルヘキシル。

化粧崩れを防いでくれるジメチコンクロスポリマーが配合されています。

これによってシミやシワを目立たせることなく、紫外線をカットしてくれ、長時間の継続力を獲得することが出来るのです。